2015年09月20日

「第209回:住まいの勉強室」は、『耐火木造オフィスの見学会』でした。

9月19日(土)の勉強会は、大阪市西区にある『大阪木材仲買会館』を
見学しに行きました。各地からの参加で11名。


竹中工務店(設計・施工)が開発した「燃エンウッド」は、
都心の防火地域で低層の“木造ビル”を可能にしたようです。
内装のみならず、外装にも「木」をふんだんに使っています。


外観  







office2_05   大阪木材仲買会館5  

 日本は戦後に植林した樹木が活用期を迎え、
 できるだけ多くの利用をしていただきたいとの願いが
 伝わってきました。
 木造建築の普及が進むと良いですね。
 事務局長の大町さん、ありがとうございました!
posted by ゆりこ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164030970

この記事へのトラックバック