2016年03月16日

「第215回:住まいの勉強室」は、『薬膳クッキング;春編』でした。

本日の『薬膳』は、季節の養生:春編です。
講師は、前回と同じく「養生料理教室いちか」の中谷美穂さん。
場所は、(有)イノウエ建築工房内の【いのうえキッチン】です。

コンロは、もちろん『スーパーラジエントヒーター』、電気ですが、IHではありません
日本製ですが内部の機械はドイツ製。
電磁波を測定してもらったら、WHOの基準値内という低さでした。
また遠赤外線効果により、料理がおいしくなります。

我が家のお鍋は『ロイヤルクイーン』という多重層ステンレス鍋で、
20年前から使っていて、時短+余熱料理+食品の細胞を壊さないなど、
これも『健康住宅の秘密兵器』です。
もちろん健康住宅は『水』にもこだわっていて、全館浄水で塩素カットです。


春に気をつけたい臓器は『肝』だそうです。
「肝」の働きは、解毒というのはどなたもご存知ですが、
 血液を貯蔵するとか、筋肉や腱や関節を動かすというのは
 知りませんでした。

本日のメニューは
『7分づき米の小豆ご飯』『アジのハンバーグを黒酢ソースで』
『あさり入り若竹煮』『白玉いちご大福』、お茶は『春巡茶」でした。

















posted by ゆりこ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174505658

この記事へのトラックバック