2016年04月17日

「第216回:住まいの勉強室」は、『電力自由化の基本について』でした。

2016年4月から、私達一般家庭(小口電力使用者)が
電力会社や電気料金メニューを自由に、
選ぶことができるようになりました。

主な目的は
『安定供給の確保』
『電力料金を最大限抑制』
『需要家の選択肢や事業者の事業機会の拡大』



「発電」と「小売り」は自由化になりましたが、
「送配電」料金は、使用者に上乗せされます。
『託送料金』と言い、原発の維持費用+使用済み核燃料再処理費です。



小売り電気事業者は、契約と、料金請求業務を行います。
送配電事業者(関電)は、
  検針と、スマートメーター取付と、保全/点検を実施します。


いろんな発電方式のメリット・デメリットも知りましたが、
簡単には決められないという声も、、、、。

我が家は、手始めに『大阪ガス』から電気を購入してみようと
3月中に加入(契約)しました。
スマートメーターの取付けは、まだ先のようです。
熊本地震のことに思いを馳せながら、
私は、話しを聞いていました。

posted by ゆりこ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174946858

この記事へのトラックバック