2015年09月20日

「第209回:住まいの勉強室」は、『耐火木造オフィスの見学会』でした。

9月19日(土)の勉強会は、大阪市西区にある『大阪木材仲買会館』を
見学しに行きました。各地からの参加で11名。


竹中工務店(設計・施工)が開発した「燃エンウッド」は、
都心の防火地域で低層の“木造ビル”を可能にしたようです。
内装のみならず、外装にも「木」をふんだんに使っています。


外観  







office2_05   大阪木材仲買会館5  

 日本は戦後に植林した樹木が活用期を迎え、
 できるだけ多くの利用をしていただきたいとの願いが
 伝わってきました。
 木造建築の普及が進むと良いですね。
 事務局長の大町さん、ありがとうございました!
posted by ゆりこ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月03日

8月2日「第208回:住まいの勉強室」は、『おやこ木工教室』でした。

猛暑の中、毎年子供たちはメンバーは変わっても
元気に参加してくれます!


北摂の山から、間伐ひのきの上のほうをわざわざ伐ってもらって
樹皮までむいてもらい、台座の角ブロックも作ってもらいました。
今年の作品は、いつもと違い『天然木』をそのまま使った「小物掛け」を製作。
あぶないとハラハラした「肥後のかみ」(刃物)も、なんとか使いこなせました。
  


  












posted by ゆりこ at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

7/25は、「関西よつば主催:おやこ木工教室」を開催しました。


場所は、弊社の加工場です。

毎年、太陽の光をすぐそばで感じながら、
大型扇風機を回しての工作をしています。





  


付いて来た弟は疲れ果てて、寝てしまいました。



posted by ゆりこ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月19日

「第207回:住まいの勉強室」は、『建築なんでも相談』でした。

DSCN5716.jpeg
時々開催している『建築なんでも相談』、本日は2組が参加されました。
小2の女の子連れ世代の方は「内装」のご相談、
子離れ世代の方は「親の家の処分」のご相談。

少しでもお役に立てられたら幸いなのですが、、、、。
posted by ゆりこ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月28日

「第206回:住まいの勉強室」は、『夏に向けてのコーヒー教室』でした。

高槻市芥川町にある、自家焙煎コーヒー『マウンテン』さん店内で
コーヒー教室を開催しました。



おいしいコーヒーを飲みにお越し下さいませ!(百合子)




年代物の「コーヒーミル」がたくさん飾ってあります。







今回は、夏に向けて「アイスコーヒー」の淹れ方を教えてもらいました。


ペーパードリップの実習を各自でさせていただき、
ちょっとした気配りやコツで、明日からおいしさ倍増になりそうです。







最後は、手作りのケーキとコーヒーで、満足のひとときでした。
西田さん、ありがとうございました





posted by ゆりこ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月24日

「第205回:住まいの勉強室」は、『親の持ち家(実家)をどうする?』でした。

どうしよう! 親の残した家の対処....?』

「いつかはどうにかしよう・・・」と思っていても、
  あと回しになりがちな「実家」のこと。

◆親の持家(実家)を空き家のままで放置しておくことは危険がいっぱいです!
昨年12月に「空き家等対策に関する特別措置法」が成立しました。
『特定空き家』.......行政から特定空き家と認定されると、解体勧告や、固定資産税の減額がなくなるというもの。

きちんと遺産分割の手続きを完了するためには3つの選択肢があります。
    1.子供の誰かが住む
    2.賃貸に出して家賃収入を得る。
    3.売却処分してお金に換える。
  「住む?」「貸す?」「売る?」のメリットとデメリトの話。


 自分の「親の家」のことと、自分の現在の「自宅」の実情や悩み事を
 参加者が披露し合いました。
 暗くならずにワイワイと、、、、。
 本日は参加者6名が4名に減りましたが、かえってお互いの困り事が言いやすくなり
 主催者井上2名と共に、夕方までいろんな話ができました。



   【親の家の対処法】
 ◆親が既に亡くなってしまった場合
 ◆親が入院や、介護施設に入所した場合
 ◆親がまだ元気だが、認知症などになった場合


その家その家で事情が異なり、簡単な問題ではありません。
現在の自分の家族のこともあるし、兄妹の関係など複雑だと思いますので、
早目に、まずは話合いを十分にしておきましょう。

※最も早く解決したいのは『相続税』ではなく、
  『遺産分割対策』のことです!

posted by ゆりこ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月26日

「第204回:住まいの勉強室」は、『重曹・クエン酸でエコ掃除』でした。

【重曹やクエン酸を使いこなしていますか?】

1.重曹
  アルカリ性なので、タンパク質の汚れが取れやすい。
       (油分、牛乳、卵、皮脂など)
   料理の焦げや、茶渋、排水口の臭い
   焦げ付きには、加熱して重曹の泡で剥がす
2.セスキ(アルカリウオッシュ).......重曹よりアルカリ度が高い。
   油汚れにとても強そうです!
   水に溶けやすいので、スプレーに水溶液を入れておくと
   便利です。
3.酸素系漂白剤
   セスキよりアルカリ度が高い。
   熱湯で泡立てて、ステンレスの汚れやコーヒーのしみまで除去で来ます。
4.クエン酸
  酸性なので、アルカリ性の汚れに強い。
  水垢の汚れに強い.......ガラスの水垢、水栓の汚れ、風呂椅子、風呂の蛇口

我が家のキッチンにも、「クエン酸」の水溶液と「セキス」の水溶液を
スプレーに入れて並べておいて、試してみようと思います。
「重曹」は、水に溶けにくいので粉末で使います。
講師は「暮らしのアドバイザー:土井けいこさん」でした。
汚れ落としを実演して頂き、たくさんの「納得」を得られました。
     











油汚れのプレートの、お湯洗い中です。

排水口にも、人の手にも優しい「重曹やクエン酸」を使って、
上手にそしてラクに、掃除をしていきましょう。







posted by ゆりこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月22日

「第203回:住まいの勉強室」は、『子供にやさしい建材』でした。

子供のアレルギーが増えています。
原因は一つではなく、複合汚染によると思われます。
アレルギーに関与する物としては
   食べ物、大気汚染、カビ•ダニ、塩素水、ストレス等のほかに
   建材や日曜生活用品から発生する化学物質などが考えられます。


避けられるものは初めから避けましょう。
そのためには「勉強」して、知っておくことが大切です。


本日の「住まいの勉強室」には、赤ちゃん連れの若夫婦が 
自然素材の体感に参加されました。
その方のお母さんとおばあちゃんも同席され、
終始、なごやかな雰囲気でした。
赤ちゃんが、無垢を貼った床暖房の上をハイハイする様子に  
つい、顔がほころんでしまいます。

オールステンレスキッチン、そして最近壁に貼った「新月の木」の
話しもさせていただきました。

赤ちゃんの健やかな成長をお祈り申し上げます!





posted by ゆりこ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月22日

「第202回:住まいの勉強室」は、恒例の『みそ作り』でした。


毎年、この時期になると「有機大豆と有機米こうじ」を使った『みそ作り』をしています。
今年は参加者がちょっと少なかったですが、男の子が2人来てにぎやかでした。

麹の塩切りは、寿司桶を使うと便利ですね。


暖めた「煮大豆」を時間をかけて丁寧につぶします。
井上社長が手伝ってくれました。



容器に詰めて、最後に塩を振ります。完成真近です。
おいしいお味噌ができますように!

来年は、ボクも少しはお手伝いできるかなあ?


posted by ゆりこ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月08日

本日は、高槻こども職業体験の日。23の協力店に(有)イノウエ建築工房も参加しました。


高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」

生チョコ作り巻寿司作りはんこ彫り銀行マンエステシャン、
バーテンダー、コーヒースムー、コロッケホットサンドパン焼き、
ラッピングシューフィッター歯医者お灸とアロマメイクセラピー、
アイアンクラフト手作り雑貨こけ玉作り起業家ゼミ大工さん
西武百貨店内放送体験(この体験だけは無料)。




高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」さんの写真


高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」さんの写真


高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」さんの写真


高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」さんの写真


高槻のお店で職業体験!「こどもとしごと」さんの写真


















posted by ゆりこ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記